CCS/CCUSへの取り組み

CCS(Carbon dioxide Capture and Storage)は発電所や工場などから発生したCO2を分離・回収し、枯渇油ガス田や深部塩水層などに圧入することで、長期的かつ安定的にCO2を貯留することができる技術です。昨今の地球温暖化対策に効果的な技術として世界中で注目されています。

日本オイルエンジニアリング(JOE)では、石油・天然ガス開発で培った豊富な経験と技術力に基づき、CCSに関連した様々な評価技術等について調査・検討しています。