採用情報

社員紹介

JOE PERSON

機械エンジニア

配 属 施設技術部 機械・構造グループ
学部名 産業技術専攻
入社年 2013年

仕事の内容

主に配管ラインおよびコンプレッサーなどのプラント設備の仕様検討、コントラクターから提出されたプラント設備の技術資料の内容を評価する業務を担当しております。
石油開発企業から受注した配管ルートの検討プロジェクトでは、受領した図面と現地調査の結果から複数の配管ルートを提案してそれぞれのメリットとデメリットをご説明し、お客様が設備投資を決定する上で必要な判断材料の提供を行いました。
また、お客様に対して最新の石油開発技術の知見に基づくプロジェクト提案ができるよう、業務の合間を見て講習会や展示会に参加して最新の専門知識を習得しています。

この会社を選んだ理由

プラント設計など大きなプロジェクトに関わる仕事に就きたいと考えており、就職活動では主にエンジニアリング企業を志望していました。
エンジニアリング企業の中でも、JOEは石油開発会社が計画するプロジェクトの事業可能性検討、入札書類の作成・評価などを行っており、プロジェクトの方向性を大きく左右する重要な仕事を手がけていることから、プロジェクト形成に関わることができることに魅力を感じ入社を決めました。

仕事の中で印象に残っているエピソード

入社1年目に原油処理プラントをつなぐ埋設配管ライン設計プロジェクトにアサインされ、中東の産油国の現地調査に同行しました。当初の予定では、事前検討した埋設配管ライン及び埋設配管の接続先を現地確認することが目的でしたが、現地にてお客様から配管ラックの追加設計の依頼があり、急遽現地で対応することになりました。
しかし、プラントの立ち入りは、現地国のセキュリティ上の理由で滞在日数の延長が困難であり、滞在期間内に現地調査を完了させる必要がありました。その際、先輩社員が現地調査のスケジュールを再調整して設計に必要な情報を収集し、その場に応じた対応力が求められることを実感しました。
私も業務達成までの筋道を状況に応じて即座に組み直す問題解決能力、リーダーシップを身につけ、急な依頼にも臨機応変に対応できるプロジェクトエンジニアになりたいと考えています。

オフタイムにしていること

休日は料理をして過ごすことが多く、そのための食材の買い出しも楽しみのひとつです。最近オーブンを購入したので、ローストポーク、チョコレートケーキなどオーブン料理のレパートリーを増やしているところです。

JOE PERSON

メタンハイドレートの研究開発業務

配 属 開発技術部 研究開発グループ
学部名 工学部 
入社年 2014年

仕事の内容

メタンハイドレートに関する業務を主として行っています。具体的には、C/C++言語で記述された生産シミュレータのソースコードを修正して機能を追加・改良したり、商業生産を想定したケーススタディを実施し、それらのシミュレーションによって得られた結果を図表にまとめたりしています。その他にも、既存油田に対する油層スタディや海外技術者向けに実施されている研修のアシスタント業務などを行うこともあります。

この会社を選んだ理由

会社見学に訪れた際、オフィスの様子や業務内容の紹介があったのですが、そのときに会社の雰囲気が自分の気質と合っていると感じたのが一番の理由です。開発技術部のオフィスは各個人のデスクがパーティションで仕切られており、静かな雰囲気の中で集中して作業に取り組むことができます。社員の自主性を尊重する社風があり、目的を達成するまでの経路を自分で組み立てて行うことができるというところも魅力の一つです。

仕事の中で印象に残っているエピソード

初めて海外技術者向け研修のアシスタント業務に携わった際、私はそれまで技術的な説明を英語で行ったことがなく、図やジェスチャーを用いて四苦八苦しながら研修生からの質問に答えていました。意図が思うように伝わらず肩をすくめられるようなこともありましたが、何度も応答を繰り返しているうちに段々と意思疎通ができるようになり、研修の終盤では顔を覚えてくれた数人がとても助かったと声を掛けてきてくれて嬉しかったことを覚えています。

オフタイムにしていること

バンドとプログラミングが趣味で、音楽制作や自作プログラムのコーディング作業などを行っています。バンドでは年に数回程度ロックやヘヴィメタルの演奏をしており、普段デスクワークに没頭している分思い切り羽を伸ばす機会があるのはいい気分転換になります。また海外旅行に興味があり、最近では海外ドラマの反復視聴による英語力の強化を始めました。仕事で重要性を痛感することも多々あり、やはり英語は学んでおいて損は無いと思います。

JOE PERSON

プロセスエンジニア

配 属 施設技術部 生産・プロセスグループ
学部名 化学システム工学
入社年 2009年

仕事の内容

お客様の石油ガス開発プロジェクトが滞りなく進むようにプロセス検討の観点から支援していきます。これまでには新規石油ガス開発フィールドの開発計画の策定、原油増産計画に応じた既存施設のプロセスボトルネック検討、フレアガス削減計画のマスタープラン作成支援、CCS/CO2EORの実証試験の実施計画策定などを行いました。これらの業務を行ううえで各種シミュレータを利用しており、プロジェクトによってはプロセスシミュレーション検討に加えて、その先のパイプラインの圧力損失計算やコスト計算まで担うこともあります。また、計画が再現できる条件を確認するため現地に出張して調査を行うことがあります。具体的には、これまでに新潟県の陸上生産施設、アラブ首長国連邦の陸上の石油ガス処理設備や海上プラットフォーム、ベトナムの海上プラットフォームで現地調査を行いました。

この会社を選んだ理由

社会の役に立つことをしたいという希望があり、また可能な限りニュートラルに物事の良否を判断する材料を提供したりするコンサルティング業界を中心に会社を探していました。その中でこの会社が石油開発に関する技術コンサルティングを主要事業として行っていることを知りました。説明を聞いて一見つながりのなさそうな石油開発業界と専門の化学システム工学と根本のところで似通っており自分の希望・専門が合致したので入社を決めました。また、仕事でも海外に行く機会があり、英語を使える機会があることに魅力を感じました。

仕事の中で印象に残っているエピソード

仕事で扱う対象が石油・ガスなどの天然資源であるため、政府系の機関と一緒になって仕事をすることが多く、相手国の石油開発業界のトップの方々とお会いする機会もあります。イランでのHSE関連案件に従事した際は、現地で60人以上の技術者・関係者を前にフレアガス削減プランの重要性を英語で発表しました。担当業務で作成した発表資料や報告書をもとに国の成果として内容が公開されることもあり達成感と同時により技術力と責任をもって取り組んでいかないといけないと感じます。

オフタイムにしていること

趣味としてはヴァイオリンの腕を磨いたり、クラシックコンサートや異業種交流会に参加したり、オフィスが勝どきにあるので銀座周辺の街歩き、仕事のスケジュールに余裕が持てそうなときは海外旅行に行っています。また、毎年石油開発業界の軟式野球大会があり当社も参加しているため、機を見て同僚とバッティング練習やキャッチボール等、軽い練習をしています。